moco *profile*

栃木県日光市出身。生まれは鬼怒川温泉。
現在は埼玉県川越市在住

IMG_1711s1000ppp.jpg

自己紹介: 阿久津友子(moco・もこ)
5月7日生まれ B型 一白水星
3人の子持ち(24才、18才、10才)のママです。

自然宅配グループ「大地を守る会」歴16年目の自然食品ファン
働くママで自由業。現在は好きな事のみ仕事にしています。

10代で結婚し、1人目の子を出産する。
一般事務、出版関係事務などパートをしながら、
パート先でヤフーオークションがきっかけで、通販業に携わることに。

その後、平成23年までの11年間、契約社員に登用されて
店長&管理職を務めWEBの作成、デザイン、
仕入、運営全般なんでもやってました。

2009年株式会社Eストアー主催のネットショップ大賞にて
独自ドメイン3万店舗の中から店舗数の最も多い
「ファッションアクセサリー部門」において第1位を獲得して表彰される。

東日本大震災をきっかけに、もともとの自分自身のルーツの世界である、
お薬を扱う医療の世界へ戻ることを決意。

もともと生まれは薬局で、お薬が身近にある生活をしていました。
薬剤師である母は、自分の子どもにはお薬を使わないポリシーを
持っていたことから、どんなに体調が悪くても、どんなに高熱が出ても
「食事と生活習慣」と自然療法でケアをしていたため、
病院へかかったことはほとんどありません。

大人になり子どもを持つようになってから、
子どもの頃を思い出したかのように自然療法の素晴らしさに触れ、
中国の伝統医学である中医学、漢方、薬膳を学び深めました。

でも、ある時、世の中に病気は存在しない。
という感覚を直感で受け取り、スピリチュアルな世界を探求。
九星気学風水と出会い、現在に至ります。

わたしたちはやりたい事をこの世の中で体験して
それらの出来事を通じて成長するために生まれてきています。
夢を叶える人生を求めるならば、心と体のバランスこそ、とても大切です。
まず、自分自身を大切にすることが出来なければ、
楽しく豊かに過ごす時間も限られるからです。

色々な世界を行き来してみて、
精神世界も日常世界もどちらのバランスも大切だということ。
そして何よりも今、目の前にある事から逃げるために、
様々な学びと探求をしていたのかもしれないと・・・
ふと、自分自身を振り返るきっかけにもなりました。

「目の前の出来事に向き合って、心を尽くすこと。」

生き方の基本って実にシンプルです。
わたしが受け入れられなかった自分の心を、
もっと見つめてあげれば良かったのだなって。
知ること、学ぶことが出来たのは大きな収穫でした。

人ともっと触れ合って、成長し合いたい。
癒し癒される時間を共有したい。
そう思ったのち、

2013年do TERRA(ドテラ)のエッセンシャルオイルに出会いました。
メディカルアロマという、直接肌に塗れる、
飲めるアロマに出会ったのは非常にセンセーショナルな出来事でした。

会社のポリシーと概念、その品質の高さには唸らされる日々を過ごしています。
日本の医療は先進国に比べ、何十年というレベルで遅れています。
健康に対する情報が最先端を行くアメリカの医療と方向性が、
日本の現在の医療とはレベルも考え方も、大きく開きがあることを感じています。

2016年3月 ドイツのバイオレゾナンス(波動)セラピーに出会い
New Scan(ニュースキャン)を導入しました。
国内はもとより、世界においても最先端の副作用のないセラピーです。
日本人は病気になってから、何千万円ものお金を使う民族です。
そんな日本人に、今、最も必要で、概念の薄い「未病と予防医学」をベースに、
健康予報をキャッチして、セルフメディカルケアを推進しています。

私自身のもともとのルーツである
「医療と健康。今を生きて夢を叶える」をテーマとした生き方は
人々の本能を呼び覚まし、もともとあるべき才能を開き、
豊かさを感じる事の出来る、心の在り方を知ることで、
自分の夢を実現する事につながります。

幸せは自分で作り上げるからこそ、幸せと感じます・・・

自分が本当に望んでいる生き方を受け入れ、歩みだすこと。
それが出来ただけでも、人は幸せを自ら感じることが出来て、
自分の人生を生きて行くのだなとしみじみと感じています。

この世界で、あなたが本当にしてみたいことは何ですか?
私は必ず、大切な人たちに問いかけています。

笑顔で、ハッピーで、楽しく。
やりたいこと、やってみたいこと、どんどん表に出して。
限られた自分の時間を濃く、パワフルに生きて行きたい!
そう生きる人の周りにはまた、それに憧れる人たち、
サポートしてくれる人たちが集まるのだなと、今、人生の面白さを感じています。

出会いを重ねていきましょう。
もっともっと、新しい世界へ続く扉を、
これから出会う人たちと共に開き続けていきたいです。

あなたの人生に、大切な一歩・・・を踏み出す勇気がないのなら。
わたしと出会ってください。
少し、話をしましょう。